おうちでお店の味!ステーキをミディアムレアに焼くコツ

レストランで食べるステーキのように、ジューシーなミディアムレアに焼くには?
ポイントを押さえれば、おうちでも美味しいステーキを焼けます!

霜降りで薄切りのロース肉と赤身で分厚いモモ肉、2種類のお肉の焼き方をご紹介します。

準備

  1. 牛肉は焼く30分くらい前から室温に戻す。
  2. フライパンに大さじ1の油とスライスしたニンニクを入れて点火し、弱火でニンニクを揚げ焼きにする。ニンニクがキツネ色になる手前で、容器に取り出す。

牛肉を調理前に室温に戻し、火通りを良くします。
ニンニクは焦げやすいので弱火で揚げ焼きにし、取り出した後も余熱で色が濃くなるのでキツネ色になる様子をよく見て取り出すとよいでしょう。

ロース肉のステーキ

  1. 準備2の油が残ったフライパンを強火にし、1の牛肉を入れる。焼き色が付いたら返し、裏側も焼く。
  2. 焼けたらアルミホイルの上に取り出し、包んで温かいところで5分ほど休ませる。
  3. お好みでカットし、塩、コショウをふって盛り付け、ニンニクスライスを添える。

モモ肉のステーキ

  1. 準備2の油が残ったフライパンを中火にし、1の牛肉を入れる。
  2. 肉を入れたら触らず、高さの1/3ほど色が変わってきたら焼き色を確認し、ひっくり返す。裏側も触らずに焼き色がつくまで中火で焼く。アルミホイルの上に取り出し、包んで温かいところで5分ほど休ませる。
  3. 好みでカットし塩、コショウをふって盛り付け、ニンニクスライスを添える。

霜降りで厚さの薄いロース肉はサッと強火で焼き、赤身で分厚いモモ肉は中火で長めに焼くのがポイントです。また、焼き色を付けた肉をすぐにカットせず少し休ませることで、余熱で火を通し、肉汁を閉じ込めます。

塩、コショウは先にふってしまうと水分が出たり焦げ臭くなる原因になります。焼き上がりにふって、スパイシーな香りとジューシーなお肉をお楽しみください。

ご購入はこちら