鴨肉のロースト バルサミコソース

鴨肉のロースト バルサミコソース

  1. 下処理(下処理方法はこちら)をした岩手がもむね肉の皮目に格子状に切り込みを入れ、常温に30分ほどおく。肉に塩小さじ1/2をすり込み、皮目を下にしてフライパンに入れて火を付ける。弱火〜中火で出てきた脂をスプーンで身にかけながら、10分ほど焼く。ひっくり返して更に5分焼き、アルミホイルに包んで温かいところに20分ほど置き、余熱で火を通す。
  2. バルサミコ酢100mlを小鍋に入れて弱火にかけ、10〜15分かけて半量になるまで煮詰める。ジャガイモ1個は茹でて皮をむいて潰し、バター20g、牛乳50ml、塩少々を加えてマッシュポテトを作る。他、添える野菜は塩茹でする。
  3. 皿に野菜とマッシュポテトを盛り、スライスした1の鴨肉をのせる。バルサミコソースをかけていただく。

鴨肉は常温に戻してから調理することで、胸の厚い部分も火通りがよくなります。アルミホイルに包んだ後は、コンロの側などに置いておくと余熱でゆっくり火が入り、中央がロゼ色に仕上がります。

ご購入はこちら