おつまみ・晩ごはん・作りおきまでこれひとつで!ホタテの貝ひも使い切りレシピ

むきホタテを作る際に出る貝ひもを集めた「生ホタテ貝ひも」は、濃厚なホタテの旨味とコリコリ食感でクセになるおいしさ!

しかもお刺身でお酒のおつまみに、野菜と炒めて子どもも喜ぶ晩ごはんのおかずに、余ったら佃煮やナムルにして作りおきメニューにと、アイデア次第でどんな料理にも展開できる便利食材です。

今回はホタテ貝ひもの下処理からアレンジメニューまで使い切りレシピを一気にご紹介します!

ホタテ貝ひもの下処理方法

ホタテの殻が紛れている事があるので、ご注意ください。ビニール手袋などをして下処理するのがオススメです。ぬめりがたくさん出るので、しっかり洗い流しましょう。

下処理前の状態

1. ホタテ貝ひも1パックを大きめのボウルに入れ、塩を大さじ2ほど入れてしっかりもむ。

2. 茶色い泡が立ったら水洗いし、ザルにあげる。これを2〜3回、全体が白っぽくなるまで繰り返す。

仕上がりは真っ白になります。



アレンジレシピ①
お酒のおつまみなら、ホタテ貝ひものお刺身

ホタテの貝ひもは生のままお刺身でお召し上がりいただけます。
食べやすい長さに切ってお酒のお供にどうぞ。

アレンジレシピ②
子どもも大好きな味!ホタテ貝ひもの野菜炒め

ホタテ貝ひもの野菜炒めの作り方

  1. ホタテ貝ひもは下処理し、食べやすい長さに切る。人参は短冊切り、キャベツはざく切りにする。
  2. フライパンにゴマ油を熱し、人参を炒める。油がまわったらホタテ貝ひも、キャベツを加えて炒める。
  3. 塩で味をととのえ、水溶き片栗粉を少量加えて仕上げる。

分量の目安は、ホタテ貝ひも1/3パックに人参1/3本、キャベツ1/4個です。ホタテ貝ひもからも塩分が出るので、塩は少なめから様子を見てください。

塩だけの味付けとは思えない、ホタテの旨味を楽しめます!季節の葉野菜やキノコを加えても◎

アレンジレシピ③
鉄板作りおきメニュー!ホタテ貝ひものナムル

ホタテ貝ひものナムルの作り方

  1. ホタテ貝ひもは下処理し、食べやすい長さに切る。熱湯にサッとくぐらせてザルにあげる。
  2. キュウリは斜め薄切り、ワカメは水で戻して絞り、ざく切りにする。
  3. 1と2をボウルに入れ、ゴマ油、塩、醤油で味をととのえる。

分量の目安は、ホタテ貝ひも1/3パックにキュウリ1本、塩蔵わかめ20g、ゴマ油大さじ2、塩と醤油は適量です。ホタテ貝ひもの塩分があるので、塩は少なめから様子を見てください。

ご購入はこちら