旬の生青のり使い切り!3つのアレンジレシピ

1~4月が旬の生青のり。生の青のりはその鮮烈な香りと鮮やかな色合いに驚かされます。どんな料理にも合うので、毎日のお味噌汁はもちろんのこと、天ぷらの衣に混ぜたり、酢の物、佃煮、ソースにしたりと、いつものお料理に少しだけ足してみてください。一気に春らしさを運んでくれますよ!

生青のり入りすり身揚げ

  1. 生青のりはサッと洗って目の細かいザルや茶こしにあけ、キッチンペーパーやさらし布巾に包んで水気をぎゅっと絞る。
  2. 解凍した「博多漁師のえそ生すりみ」に1を混ぜる。
  3. 揚げ油を170℃に熱し、油をつけたスプーンなどで2をすくい取って揚げる。

分量の目安は、博多漁師のえそ生すりみ250gに生青のり25gです。

生青のりのシーフードクリームパスタ

  1. 生青のりはサッと洗って目の細かいザルや茶こしにあけ、キッチンペーパーやさらし布巾に包んで水気をぎゅっと絞る。シーフードミックスは塩水に漬けて解凍し、ニンニクはみじん切りにする。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯の1%)を入れてパスタを表示より1分短めに茹でてザルにあげる。
  3. フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて火にかけ、香りが立ったら水気をふいたシーフードミックスをさっと炒める。
  4. 白ワインを加えてひと煮立ちしたら生クリームと生青のりを加えて温め、2を加えて塩、コショウで味をととのえる。

分量は2人分で、生青のり大さじ2、パスタ160g、シーフードミックス150g、ニンニク1片、オリーブ油大さじ1、白ワイン大さじ2、塩コショウ各適量です。
生クリームを入れてから加熱しすぎると分離しやすくなるので、優しい火加減で温めるとよいでしょう。

あったかゆばの生青のりあんかけ

  1. 生青のりはサッと洗って目の細かいザルや茶こしにあけ、キッチンペーパーやさらし布巾に包んで水気をぎゅっと絞る。
  2. 鍋に水と白だしを温め、味を見てみりん、塩で味をととのえる。水溶き片栗粉でとろみをつけ、1を加えてひと煮立ちさせる。
  3. 湯葉を耐熱容器に入れてラップをふんわりかけ、500Wのレンジで1分〜1分半ほど温める。器に入れて2をかけ、あればユズ皮を散らす。

分量の目安は比叡ゆば1パック、水150ml、白だし大さじ1、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1に水大さじ1/2)、生青のり大さじ2です。白だしのメーカーによって塩分が異なるので、味見をしてみりんや塩を加えてください。

ご購入はこちら