基本のアラの下処理

魚の頭で出汁をとって美味しいお鍋を楽しみませんか?
難しいことはありません。手順は簡単なのでぜひやってみましょう。
今回は一尾分の真鯛を使いました。

1.魚のアラ全体に塩をまぶし、10~15分置く。

2.たっぷりの熱湯を1に回しかけ、冷水にとる。残ったウロコや血合いなどを優しく取り、水で流して水気をきる。

魚の顔の周りなど、鱗が取りにくい時はスプーンなどを使うと楽に取れます。 下処理をした後は、煮出してしゃぶしゃぶの出汁や潮汁、あら汁に。醤油味で煮付けてあら煮に、グリルなどで焼いてあら焼きなど、幅広く楽しめます。

鍋の出汁を取るなら、アラを入れた鍋にたっぷりの水を加えて中火にかけます。沸騰したらアクを取り、弱火で5〜10分煮ます。カマの部分や頬のあたりにも美味しい身がギュッと詰まっていますよ。

ご購入はこちら