鍋シーズン到来!さばきたて新鮮なアンコウで作るアンコウ鍋

アンコウは、歯と背骨以外はぜ〜んぶ食べられる捨てるところのない魚。身・肝・胃・卵巣・エラ・ヒレ・皮は、「アンコウの七つ道具」と呼ばれています。さばきたては新鮮ぷるぷるで色ツヤがきれい!ぜひ余さず丸ごと堪能してください。

アンコウ鍋の作り方

  1. アンコウに塩をふってしばらく起き、熱湯をまわしかけて湯通しする。
  2. 鍋に出汁、酒、塩少々を合わせる。
  3. 春菊、ネギ、えのき、人参などお好みの野菜とアンコウを鍋に並べる。
  4. 火にかけ、アクが出てきたら丁寧にとる。
  5. 全体に火が通ったらポン酢でお召し上がりください。

アンコウ鍋といえば醤油や味噌仕立てが定番ですが、今回は出汁ベースのスープで炊いてみました。
新鮮なアンコウだからこそのシンプルで優しい味付けです。あん肝はふっくらとろ〜り、ヒレや皮にはぷるぷるのコラーゲン。仕上げにポン酢を少しだけかけて、さっぱりお召し上がりください!

ご購入はこちら

あん肝付き!国産アンコウ鍋用 500g(2-3人前)

商品を見る

【定番のお野菜】 水菜 1パック

商品を見る

【定番のお野菜】長ねぎ (Lサイズ・太め)

商品を見る

【定番のお野菜】人参 (2Lサイズ)

商品を見る

<sakana bacca> 東京さかなぽん酢(300ml)

商品を見る

家飲み