灰干しさば文化
尾粂さんの灰干しさば文化
焼いてて脂がジュワッジュワッ。
皮がパリパリで食感も楽しめます。

灰干しとか文化干しとか聞いたことはあったけどちゃんと理解してなかったので調べてみました。
灰干し。
塩水につけた魚をセロファンでまいて、水分吸収率の高い灰で包み込んで水分を抜き取る手法です。

文化干し。
文化干しという言葉からは、天日干しに替わる新たな乾燥法のようなものが想像される。が、実際には、製法よりも包装が先だったようだ。東京仙印商店のサイトによれば、同社の創業は1950年(昭和25)。発泡スチロールのトレイも真空パックもなかった時代に、魚の干物をセロハンに包んで販売したところ、見た目に美しく、画期的だったことから<文化>の冠がつけられたらしい。その後、製法も進化し、水産加工業界では「冷風乾燥機を使用した干物」を文化干しと呼ぶようになった。らしいです。


▼こだわり生鮮のネットスーパーperrotでお買い物をする
https://perrot.co/